欲しい物でさえ、買わない生活を過ごしている。

f:id:arasukkiri:20211116014643j:plain

 

中古品を取り引きするサイトで、とあるバッグをお気に入りに登録をしてもう随分と経ちました。中古品、つまり一点モノなので、誰かに買われてしまっただろうかと確認する毎日。

 

そのバッグの購入に至らないのは、お金が足りないから、ではありません。そのバッグを購入しても、良い定位置を作ってあげられるスペースがクローゼットにないからです。

いや、テトリスみたいに上手に隙間なく詰めていけば、カバン1つくらいのスペースは作れると思います。だけどそんな余裕のない収納は、詰め込んだ容量は優秀でも、使い勝手という点ではダメダメでしょう。

 

 

 

スペースがあっても買わない

もしも、明日目が覚めた時にクローゼットが大きくなっていたとしても、バッグの購入は踏み止まると思います。

 

私の部屋のクローゼットは、ウォークインでも何でもない普通の、両手を広げるよりちょっと小さい、一般的なそれよりややコンパクトなものなのだけど、必要な物だけで満杯になっているわけじゃない。それこそ、全然使っていないバッグがそれなりのスペースを占領していたり。

 

欲しいバッグを買うために、バッグを手放せるか…と言うと、バッグって安い物じゃないしそれもなかなか大きな決意が必要なことで。執着とか貧乏性なのは分かっているんだけど。

手放せないんだったら、とりあえず入ってくる方を我慢するかって感じで、お金が足りないわけでもなく、欲しい物であるにも関わらず、買わないという状態になっています。

 

手放すには「使いにくい」とか「やっぱ気に入らない」とか、理由が必要だと思うので、全然活用できていないバッグ、明日からでも使ってみましょうか。

熟考している間に、欲しいバッグが売れてしまったら、それは縁が無かったということで。

 

買わない暮らし。 片づけ、節約、ムダづかい……シンプルに解決する方法 [ 筆子 ]

価格:1,540円
(2021/11/16 03:12時点)